ボディメイクで注目すべきは「体重」よりも「体脂肪率」「筋肉のつき方」

こんにちは!
大阪よりボディメイクインストラクター兼TEAM”B”リーダーのAyaです!
さらには高音発声法『ベルティング』の専門ボイストレーナーでもあります。

 

皆さんは毎日、体重計に乗る習慣はありますか?
体組成計だと、体重だけでなく体脂肪率や骨格筋量、基礎代謝、体年齢など様々な項目で
自分の身体を知ることができます。

体重計に乗って「きゃー○kg増えてる!」「やったぁ!○Kg減った♡」と
日々の数字の変化に一喜一憂してしまうことってないでしょうか?

ちなみに”体重”とは呼んで字の如く、体の重さです。
骨も脂肪も筋肉も体内の水分も、全部合わせて”体重”。

例えば、体脂肪率18%の人も30%の人も55kgであれば同じ体重と言えます。

人の体はシンプルに言えば、骨という土台の上に筋肉と脂肪がついて成り立っているのですが
同じ55kgの人でも、筋肉量や体脂肪率…その内訳が違ってくれば
その見た目は、一目でわかるくらいの大きな違いが出てくるでしょう。

 

そうなんです。ボディメイクで目を向けるべきなのは、体重よりも体脂肪率と筋肉のつき方なんですよね。

皆さんが理想とするのはどんな身体でしょう?

しっかり筋肉がついて引き締まった身体…
女性らしさを感じさせるグラマラスボディ…etc

好みは色々あると思いますが、脂肪を落とすにもガッチリ筋肉をつけたい人にも
筋トレと食事コントロールをうまく組み合わせてボディメイクを行っていくことをお勧めします。

 

ちなみに「私、そんなにガッチリ体型は目指していないから筋トレは控えめに…」という人。
大丈夫!筋肉ってそんなに簡単に付かないですから!
スレンダー体型を目指したいという人も、余計な脂肪を落とすにもまず筋肉をつけること。

筋肉は脂肪の焼却炉。

筋肉が増えれば増えるほど消費カロリーが増え、脂肪は燃えやすくなります。
例えば、筋トレを3ヶ月間続けると基礎代謝が100kcal上がるという結果も出ているんですが
これは40分間のウォーキングに相当します。
つまり基礎代謝だけで、これだけのエネルギーが毎日余分に消費されるようになるということ。

自分が意識せずとも勝手にカロリー消費されているようなものなので
こんなラッキーなことってないですよね!

筋トレで筋肉を大きくしていくと体重が増えるのは、知っている方も多いと思いますが
体重ばかり気にして「えー体重増えてる!やだなー…もうやーめた!」とならないように、だからこそ
自分の運動や食事の内容を客観的に見つめてみてくださいね。

簡単に付かない筋肉を付けるのは、想像以上にキツいのも事実ですが
まずは体重だけでなく、体脂肪率や筋肉量にも目を向けてボディメイクしていきましょう!

 

お知らせ

ついにチラシできました!今コツコツと皆さんにお配りしています。
早速お申し込みもいただき、レッスンできるのが今からもう楽しみで仕方ありません!

レッスンシステムやボディメイクに関することなど、お気軽にご質問くださいね!

 

お問い合わせ

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
それでは!

 

Aya

関連記事

TOP